• ホーム
  • 車をシェアする時代が来ている

車をシェアする時代が来ている

全てのものがコンパクト化してより便利にスマートに変化している日本で、徐々に認知度を高めているのがカーシェアです。
シェアとはひとつのものを個人間で共有するという方法で、ルームシェアという言葉も有名になりました。
かつては車を持つことがステイタスでしたが、現在では購入費だけでなく維持費も負担が大きいとして車を所有することを躊躇する人も増えています。

それでも移動手段として車というものはとても便利で自由度の高いモノ。
そこで、毎日乗るわけではないけれど、週末や必要な時だけ乗りたいという希望を叶えるのがカーシェアです。
同じようなシステムにレンタカーがありますが、レンタカーは申し込みや車の返却などが意外と面倒ということがあり、利用時間も長めに設定されていることもネックです。

カーシェアのシステムは今やだれでも持っているスマホやPCを利用した予約が一般的で、一度登録してしまえば面倒な手続きが不要、好きな時にスピーディーに予約を完了させることができます。
しかも、レンタカーと違って、借りた店舗に返しに行く必要がなく、指定されたコインパーキングなど全国で提携している専用スペースに返却することが可能です。

自宅やオフィスの近くにカーシェア専用スペースがあれば、自分の車を持つ必要もなく仕事帰りにレジャーに出かけ、自宅近くで返却するということも可能になるわけです。
また、マンション単位でもカーシェアを行っている場合があり、住民が一つの車をシェアするという方法も拡大しつつあります。
ただ、小規模単位のカーシェアは運営のためにスキルが不足している場合もあるので、利便性や個人情報の保護の観点でまだまだ改善の余地があることも事実です。

民泊など人々の流れが自由になりつつある中で気軽な移動手段としてのカーシェアはさらに人気が出てくる可能性があります。
民泊の大きなメリットはお金の節約ですが、カーシェアは時間もお金も手間も少なく車を持つことのデメリットを解消してくれる画期的な方法です。

ちょっとそこまで、15分単位の短時間利用からまとまったレジャーの移動手段としても、自由な使い方ができるのがカーシェアの魅力。
使いたいときに予約が取れない、居住地周辺にカーシェアがないなど、まだまだシステムにも改善の余地はありますが、一度使ってみるとその便利さにきっと納得ができるはずです。
まだ試したことがないという人は、早速会員登録をしてみてはいかがでしょうか。