• ホーム
  • 結婚相談所は、昔は無料のお見合い

結婚相談所は、昔は無料のお見合い

昔はある程度の年齢になったら結婚するという風潮がありました。
そのため、無料で相手を紹介して仲を取り持つ「お見合いおばさん」のような方がいたり、上司の紹介で出会った人と結婚するお見合いでの結婚が主流だった時代もあります。
しかし、現在ではそのような方は減ってきています。
そういった出会いが減っていることからも結婚を考えた時に出会いがないと悩む方は多いものです。
出会いのチャンスがない方にとっては「お見合いも良いな」と思う方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には、昔は無料で行われていたお見合いに近い形式で異性と出会える結婚相談所をおすすめします。

結婚相談所には2種類の出会い方のスタイルがあります。
どちらの結婚相談所も多数の結婚を希望する男女が入会しています。
出会いのスタイルはデータマッチング型と仲介型に分かれます。
データマッチング型の場合入会後のサービス利用の流れは基本的に自分で相手と連絡を取り合うような方法で出会っていきます。
相手は希望条件に合った人をシステムが紹介してくれるようなものが多いです。
出会い、交際スタート、成婚まで自分で相手と連絡のやりとりをすることが多いのがデータマッチング型の特徴です。

一方、仲介型は「お見合い」のイメージが合うスタイルと言えるでしょう。
仲介型では仲人が理想の条件に近い相手を紹介してくれます。
お見合い日程の調整や交際可否の返事など仲人が代行してくれることが多いのが仲介型のサービスの特徴です。
入会時や月会費などの費用はデータマッチング型より金額が高くなる傾向があります。
しかし、システムで機械的に相手を選ぶよりも仲人の第三者の目が入るため理想に近い相手に出会える可能性もあります。
金額が高いのは手厚いサポート体制を支える仲人の人件費と考えれば当然のことなのでしょう。

また、先ほどご紹介したデータマッチング型は大手結婚相談所に多いものなのですが、オプションとしてお引き合わせサービス(お見合い)がある相談所もあります。
データマッチング型を利用してみたけれど、なかなか良い出会いがないという方はこのようなサービスを利用してみても良いでしょう。

お見合いと聞くと自然な出会いではないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚相談所であれば結婚を希望していて、交際するのであれば結婚が前提という方ばかりが会員です。
お見合い以外の出会いにこだわり理想の相手に出会うのが遅くなるより効率良く出会うことができる結婚相談所の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

サイト内検索
人気記事一覧